« 2016年2月 | トップページ

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ダイヤ改正

    先週末の土曜日には、鉄道のダイヤ改正がありました。
世間様は北海道新幹線の開業で、報道を含めて話題もちきりでした
ので、人の流れが変わることが意識された日でもありました。
ですから、忘れる前の3月中に記しておこうということです。

私が普段いる新宿では、3月末には間に合いませんでしたが、
新南口が大きく改造されてバスとタクシーのターミナルが新設
されました。

またよく使う小田急線では、特急停車駅に増減があり、また朝晩の
ダイヤはほぼそのままに、日中は快速急行が10分間隔となり、
旧近郊区間の急行停車駅は時間2本の急行と多摩急行が担う
ことになり、さらに江ノ島線では急行が廃止となって、日中の
乗降客が少ない停車駅は客扱いがなくなりました。

同じ理由かと推察しますが、多摩線の特急が廃止となり、非常に
分かりにくかった区間準急も廃止となりました。要するに、
ダイヤのメリハリに一層磨きがかかった、ということかと
思います。

時代の変化で、駅単位では乗降客が増減するかと思いますので、
地元の感情に配慮しつつ、列車運行の最適化が進められるわけで、
次に特急が停まるのは湘南台かと思ったりします。

odakyu-dia.jpg

それはそうと、江ノ島線の快速急行に接続する小田原線の急行は、
速達運転が相模大野と本厚木間だけであとは各駅に停車する
ようだと、速達列車の意味合いにおいて乗客の不満が長年
溜まっていますので、鶴巻温泉、渋沢と新松田以西の急行停車
については再考の余地があり、各停運転を伊勢原~箱根湯本間
にすれば、よりダイヤにメリハリが出ると思います。

感謝!
   
       

2016年3月24日 (木)

新宿駅新南口が姿現す

長らく壁を作ってガンガン工事していたJR新宿駅の
新南口ですが、最近気が付いたらスチール製の囲いが
取れて、ガラス張りのモダンな駅舎が姿を現していました。

shinjukustn_newsouth.jpg

ここの特徴は、2階に高速バスのターミナルが入ることで、
鉄道のプラットフォームから直結でバスに乗れる、あるいは
その逆のルートが開拓されることになります。

例えば、新宿駅に接続する各地からの空港アクセスなどは
利便性が飛躍的に向上し、各地方の空港アクセス路線は
大きな影響が出るでしょう。

そういう意味で、人の動きが大きく変わることになりそうです。

私の生活では、利用頻度は低いかと思いますが、地方出張の
プランBとしては、大いにターゲットに入れておくべきで
しょうね。

感謝!

2016年3月15日 (火)

御茶ノ水駅の改良工事

JR中央線の御茶ノ水駅前の神田川で、川を埋めるかのような
大規模な工事が行われています。

ochanomizu_stn.jpg

思い当たる節は、JR東日本が発表した2020年のオリンピック
に向けて、中央快速線にグリーン車を連結するというものかと
思います。

JRが発表したときに、すぐに御茶ノ水駅はホーム両端に改札
への階段があるので、どうするのだろう?と思いましたけど、
この工事は神田川の護岸を強化して広げ、線路の軌道を拡幅して
新宿方にホームを延長するように見えます。

と簡単に書きましたが、ここは快速線と緩行線の2本合計4線が
走っていますので、下り側も同じように拡幅すると考えると、
上り線の改札階段はどうしても移動が必要になる大工事のはず
ではないか?と思うのですが、一体どうするのでしょう??

あまり御茶ノ水には行かないのですが、機会があれば進捗状況を
チェックしたいと思います(笑)

感謝!

« 2016年2月 | トップページ